福島学院大学
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • オープンキャンパス参加お申込み

資格・進路について

どんな資格がとれるの?

 こども学科では、「幼稚園教諭一種免許状」「保育士資格」を取得することができます。この2つの資格を両方取得すると、「保育教諭」として認定こども園(幼保連携型)に勤務することができます。また、「社会福祉主事任用資格」も取得することができます。

 「幼稚園教諭」は学校教育法(文部科学省)、「保育士」は児童福祉法(厚生労働省)という法律に基づいています。同じく子どもに関わる仕事ですが、内容は大きく違います!

幼稚園教諭一種免許状

 幼稚園は、満3歳から小学校入学までの幼児を教育し、年齢にふさわしい適切な環境を整え、心身の発達を支援するための「学校」です。幼稚園教諭免許状は、学校教育法に定められた幼稚園の教育に携わる「教員」となるために必要な免許です。
 幼稚園教諭免許状には、短期大学で取得する「二種免許状」と4 年制大学で取得できる「一種免許状」があり、働いていく上では一種・二種に大きな違いはありませんが、将来、幼児教育の指導的立場を目指すためには幼稚園教諭一種免許状の取得が大切です。さらに高度な専門性や研究者を目指すために取得する「専修免許」も、その基礎に一種免許状を取得しているか、取得のための要件を満たしていることが求められます。また園によっては新卒採用の際に一種免許状を条件としている事があります。

保育士資格

 保育所では保護者と共に0歳から小学校入学前までの乳児・幼児の保育を担う子育ての専門家として、また児童養護施設など保育所以外の児童福祉施設では0歳から18 歳までの児童の保育と支援を担う専門家となるための資格です。現在の保育所は、早朝保育や夜間保育など保護者の「働き方の多様性」に合わせた保育を展開しています。最近では、さらなる女性の社会進出や核家族化に伴って、子どもを保育所に預けたくても、募集に空きがなく待たされる状態の「待機児童」が社会的問題となっています。政府や各地方自治体が保育施設の増設に取り組んでおり、新しく保育士になるみなさんの活躍が期待される分野です。

社会福祉主事任用資格

 社会福祉主事とは、児童相談所のケースワーカーや老人福祉施設や身体障害者施設の指導員、社会福祉協議会の福祉活動専門員として相談業務に従事し、実際に援助を行う職を示す名称です。この内「任用資格」とは公務員などに採用され、実際の業務に就いたときに初めて名乗ることのできる資格名称であることを示します。

4年間でじっくりと学び
子どもを育てる専門性を身に付けよう!

こども学科
今 清孝 講師

 本学を目指す高校生の皆さんは、子どもが好き・子どものために役立ちたいという志を持ち、将来は保育の現場で働きたいと考えていることと思います。こども学科はそんな皆さんの思いに応える「子どもを育てる専門性」を身に付ける学科です。その内容は多岐にわたりますが、本学では4 年間で様々な科目をじっくりと学び、現場で働く知識と技術を習得しますので、思い悩まずに、積極的にチャレンジして頂ければうれしいです。
 大人の影響を受けやすい幼児に接する保育者は、子どもにとって理想的な大人・価値のある人間でなければなりません。本学で学びを深め、理想的な大人として子どもの成長を見守る、素晴らしい保育者を一緒に目指してみませんか。

自ら学ぶ姿勢を大切に…。
感性豊かに人間性を磨いて欲しい

こども学科
鈴木 美樹 准教授

 大学では自ら学ぶ姿勢が重要です。保育者になるには何をすべきか、自ら問題を提起して答えを探していきましょう。保育は命を預かる仕事ですから、責任感や忍耐強さが必要です。また「先生」と呼ばれる立場なので、挨拶や礼儀はもちろん、子育ての専門家としての知識や技術、また同僚や保護者と良い関係を築くコミュニケーション力も必要となります。そうした力を高めるには、クラブ活動やクラス委員など、勉強以外の活動にも積極的に参加して経験の幅を広げることも大切です。
 保育は、将来を担う子どもの成長に携わるので責任は重大ですが、やり甲斐のある仕事です。この自然豊かなキャンパスで、感性を豊かに保育者としての人間性を磨いてください。

次のページ
「学科の魅力」を見る
MENU