福島学院大学
    • Twitter
    • YouTube
    • insta
MENU

臨床心理学専攻(修士課程) 
大学院 心理学研究科

入学定員/7名

学科TOPICS

一覧を見る

臨床心理学専攻の特徴

  • 1人の心に対する心理学的な理解を深める

     心の健康の維持や自分らしさを取り戻すための支援には、目の前の相手について、具体的に理解することが必要不可欠です。本専攻は、学部レベルの心理学の基礎知識をベースに、より多面的・多角的に、エビデンスをもった深い理解となるような学びの場(考え、気づき、実践する場)を提供します。

  • 2臨床心理学の今日的課題への
    問題発見・解決力が身に付く

     発達障害児の発達・適応支援や成人の社会復帰支援、教育現場での成長・就学支援などの今日的課題の支援方法を学び、解決する実践力を高めます。

  • 3生きた知識と問題解決力を
    総合させた研究力を育む

     今日では周産期から老年期まで臨床心理学的なテーマが山積しています。このような様々な今日的課題には、新たな問いを生み出す力が求められます。本専攻の教員は、医療、教育、福祉など幅広い領域での実践経験を有しており、みなさんの新たな問いの発掘とその追究を支援します。

  • 4公認心理師受験資格が取得できる

     公認心理師は平成29年に施行された「公認心理師法」に則った心理職初の国家資格です。本専攻は、公認心理師国家資格受験資格取得のためのカリキュラムを準備しています。このカリキュラムでは、450時間以上の実習時間が求められ ており、医療・福祉・司法など公認心理師が活躍する場での実習を行っていただきます。

    公認心理師受験資格付与にかかる必要科目及び単位数等

    実習科目
    授業科目名 授業形態 単位 時間
    臨床心理実習Ⅰ
    (心理実践実習A)
    実習 1 45
    心理実践実習B 実習 5 225
    心理実践実習C 実習 4 180
    心理実践科目
    授業科目名 授業形態 単位 時間
    精神医学特論
    (保健医療分野に関する理論と支援の展開)
    講義 2 30
    発達障害児心理学特論
    (福祉分野に関する理論と支援の展開)
    講義 2 30
    教育心理学特論
    (教育分野に関する理論と支援の展開)
    講義 2 30
    犯罪心理学特論
    (司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開)
    講義 2 30
    職場メンタルヘルス特論
    (産業・労働分野に関する理論と支援の展開)
    講義 2 30
    臨床心理査定演習Ⅰ
    (心理的アセスメントに関する理論と実践)
    演習 2 30
    臨床心理面接特論Ⅰ
    (心理支援に関する理論と実践)
    講義 2 30
    家族心理学特論
    (家族関係・集団・地域社会における
    心理支援に関する理論と実践)
    講義 2 30
    心の健康教育に関する理論と実践 講義 2 30
    • ※上記の科目のほか、大学において、公認心理師法施行規則第1条に定める「大学における公認心理師となるために必要な科目」のすべてについて単位を修得していること。ただし、大学に平成29年度以前に入学し卒業した者の「大学における公認心理師となるために必要な科目」の取扱いについては、公認心理師法附則第2条第1項第3号および第4号に定める特例措置が適用されます。なお、特例措置の適用を受けて入学しようとする者は、「大学における公認心理師となるために必要な科目」を履修したことが確認できる履修証明書を提出するものとします。
  • 5臨床心理士受験資格が取得できる

     本専攻は、(公財)日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定校です。協会の定める単位を修得し、修士論文のテーマと内容が臨床心理学に関する研究であり、修士の学位を授与された修了生に対し、臨床心理士受験資格が付与されます。臨床心理士資格試験の受験を希望する場合には、臨床心理士受験資格証明書が必要になります。

    ATTENTION!

    1. 日本臨床心理士資格認定協会では、大学院間の単位互換を認めていません。臨床心理士受験資格取得希望者は、本専攻にて修了に必要な単位を取得してください。
    2. 修士論文は臨床心理学的研究であることが求められます。

    臨床心理士受験資格証明書付与にかかる必要科目及び単位数

    必修科目
    授業科目名 単位
    臨床心理学特論I 2
    臨床心理学特論II 2
    臨床心理面接特論I
    (心理支援に関する理論と実践)
    2
    臨床心理面接特論II 2
    臨床心理査定演習I
    (心理的アセスメントに関する理論と実践)
    2
    臨床心理査定演習II 2
    臨床心理基礎実習 2
    臨床心理実習I
    (心理実践実習A)
    1
    臨床心理実習II 1
    小計 16
    選択必修科目
    授業科目名 単位
    A群 心理統計法特論 2以上
    臨床心理学研究法特論
    B群 発達心理学特論 2以上
    教育心理学特論
    (教育分野に関する理論と支援の展開)
    C群 家族心理学特論
    (家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践)
    2以上
    職場メンタルヘルス特論
    (産業・労働分野に関する理論と支援の展開)
    犯罪心理学特論
    (司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開)
    D群 精神医学特論
    (保健医療分野に関する理論と支援の展開)
    2以上
    発達障害児心理学特論
    (福祉分野に関する理論と支援の展開)
    E群 心理療法特論 2以上
    学校臨床心理学特論
      小計 10以上
      必修・選択必修合計 26以上
    • ※必修科目の「特論」「演習」は臨床心理士資格を有する専任の教員が担当するものとします。
    • ※必修科目の「臨床心理実習Ⅰ(心理実践実習A)・臨床心理実習Ⅱ」は、学内外の実習施設において、実際に受理面接、心理査定、心理面接などを行い、複数の指導教員によるカンファレンス、スーパーヴィジョンなどを含むものとします。
    • ※実習に関する科目は、複数の教員が担当し、すべて臨床心理士の資格を有する者とします。
    • ※必修科目および選択必修科目E群は、臨床心理学専攻の学生に特化して開講するものとします。
    ●計画履修制度
     学生が職業を有している等の理由により、修業年限を超えて3年間にわたり計画的に教育課程を履修し、修了することを希望する場合、所定の手続きを経てその履修計画を認める制度があります。
    大学院附属心理臨床相談センタープレイルーム

福島学院大学大学院心理学研究科臨床心理学専攻説明会

本研究科概要及び入学選抜に関する説明を行います。令和4年度に入学を希望される方は必ずご参加ください。教員との個別相談、過去問の閲覧、キャンパス案内なども可能です。

日 時
第1回 8月21日(土) 9:30~12:30
第2回 11月20日(土) 9:30~12:30
場 所
福島駅前キャンパス

教育研究上の目的

 大学院心理学研究科は、建学の精神「真心こそすべてのすべて」に則り、Sincerity(真心=偽りや飾りのない心)とHospitality(思いやり)の現代的意味を深く体得し、かつ、心理学領域の理論および応用を教授研究し、心の問題の今日的な課題に対応できる実践能力と研究能力を持った高度で専門的な人材を輩出します。

修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 大学院の教育研究上の目的に基づき、学修を通して以下に示す能力・技能等を身につけ、大学院規則に定める修了に必要な条件を満たした者に対して修了を認定し、「修士(臨床心理学)」の学位を授与します。

DP1.総合力:人間やその環境およびそれらへの対応に関する高度で幅広い知識を身につけ、広い視野から臨床心理学的問題について理解することができる思考力・判断力
DP2.問題発見・解決力:現代社会に関心を持ち、臨床心理学的な課題を発見、解決に取り組むことができる関心・意欲・態度
DP3.構想・構築力:新たな問題について、エビデンスに基づく分析をおこない、理論を構築・展開する力
DP4.コミュニケーション力:学びによる能力や素養を活かすために、他者や状況理解に関する高度な視点と態度を持ち、今日的な課題に積極的に対応していく力
DP5.実践力:専門性を実践するために必要な高度な知識・能力・技能を応用していく力

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

大学院心理学研究科はその専門性において、修了認定・学位授与に求められる能力や素養を身につけるために、体系的教育編成を構築しています。
 なお、公認心理師および臨床心理士養成に基づく教育課程を履修し、単位を修得した者に、公認心理師国家試験受験資格、臨床心理士試験受験資格を得ることができるよう教育課程を編成しています。

【修了認定・学位授与に求められる体系的教育編成】
すべての学生が根拠に基づく(エビデンスベース)思考力と総合力を身につけるための、充実した教育の編成。 演習・修士論文研究指導や学生参画型対話型教育(アクティブラーニング)などの双方向型授業と多領域にわたる実践的学習である実習を通して、問題発見・解決力、構想・構築力・コミュニケーション力、実践力を培う専門教育の編成。 学生の主体的学びを構築するために、レベル・授業形態などをカリキュラムツリー・ナンバリングなどによって体系化。
【4つに大別される科目およびプログラム】

カリキュラムは、臨床心理学基礎科目・臨床心理学応用科目・臨床心理実習科目・研究指導科目に大別され、修了認定・学位授与のための体系的学習が可能です。

①臨床心理学基礎科目→DP1および2の総合力、問題発見・解決力に関連する科目、資格取得科目をふくむ。 広い視野に立ち、臨床心理学的支援の基礎となる基本的視点と態度に関する知識・技能を提供する。 基礎科目によって、高度で専門的な職業人となるための基礎的知識および技能を修得する。 教育課程レベル・科目レベルでの「学修成果の評価方針(アセスメント・ポリシー)」を踏まえておこなう。 ②臨床心理学応用科目→DP2、3および5の問題発見・解決力、構想・構築力、実践力に関連する科目、資格取得科目をふくむ。 応用科目によって、現代社会の状況を分析し、臨床心理学的問題の発見と支援のあり方に関する新たな視点を提案できる専門的職業能力を育成するとともに、資格取得のために高い知識・技能の修得を提供する。 教育課程レベル・科目レベルでの「学修成果の評価方針(アセスメント・ポリシー)」を踏まえておこなう。 ③臨床心理実習科目→DP4、5のコミュニケーション力、実践力に関連する科目、資格取得科目をふくむ。 学内外の実習機関において、臨床心理学的な支援について実践・考察する機会を提供する。 教育課程レベル・科目レベルでの「学修成果の評価方針(アセスメント・ポリシー)」を踏まえておこなう。 ④研究指導科目→DP1~5のすべてに関連する科目 問題を発見し、探究する上での倫理的な視点と態度を修得する。 データから新たな知見を見出し、展開していく力を修得する。 「福島学院大学大学院修士論文に係る評価基準」を踏まえておこなう。

入学に関する基本的な方針(アドミッションポリシー)

 建学の精神「真心こそすべてのすべて」に則り、Sincerity(真心=偽りや飾りのない心)とHospitality(思いやり)の体得に努め、広く地域に根ざし、自らの高い知識と高度な技能を生かして社会に貢献しようとする学生、高度な専門性を発揮するために、公認心理師国家試験受験資格や臨床心理士受験資格の取得を目指している学生を募集します。

【入学前に身につける能力・素養】
本学大学院の専門的な教育の基礎となる、学部卒業水準の臨床心理学およびその周辺領域に関する知識・技能 本学大学院での学修に必要となる高度な論理的思考力・判断力・表現力 本学大学院での学修を身につけるための主体性・協働性
【入学者選抜の方針】
入学者選抜では、本学大学院で学びたいという高い勉学意欲と知的好奇心のある者を、あらゆる地域から迎え入れる。 入学後の学修の基礎となる学部卒業水準の知識・技能、 論理的思考力・判断力・表現力、および主体性・協働性を選抜において確認する。
【評価方法の比重】

「入学前に身につける能力・素養」を、入学者選抜において評価する。