福島学院大学
    • Twitter
    • YouTube
    • insta
  • お問い合わせ
  • 資料請求
MENU
情報ビジネス学科

[情報ビジネス学科]福島東稜高校との連携授業、最終プレゼンを実施しました!

情報ビジネス学科では、2017年度から、福島東稜高校2年5組と連携した授業を展開しています。
高校生と大学生が協力しながら共に学ぶ、非常に珍しいプログラムです。

<過去の取り組みはこちら>
2019年度の連携授業
2018年度の連携授業
2017年度の連携授業

 

連携授業は全3回(6コマ)で、大学生と高校生が協力しながら「ロゴマーク」と「ラベルシール」のデザイン制作に取り組みます。

 

2020年11月11日(水)、第3回目の授業を開講しました!

 

クライアントの丹野社長に、提案プレゼン!

今回の連携授業は、未来農業株式会社様がスタートする「初酔(ういよい)プロジェクト」のロゴマークと、日本酒のラベルデザインがテーマ。

プロジェクトの趣旨や展開方法などから、ロゴマークのテーマを読み解きますが、班によって着眼点が違います。プロジェクトの参加者(19〜20歳)をターゲットにロゴマークを提案する班もあれば、プロジェクトを支援する30〜50代をターゲットに設定する班もあります。

授業では、「同じ課題に取り組んでいるのに、コンセプト次第でデザイン提案が大きく変わる」という点も学ぶ機会になりました。

大学生たちは、高校生をファシリテートする立場を初体験しました。

LINEで連絡を取りながら、デザイン制作やプレゼンの準備を進める体験を通して、チーム全体で結果を出すということの難しさを学びます。特に、仲間のモチベーションを引き出すコミュニケーションの取り方について勉強になったという学生が多かったようです。

 

新聞・テレビのカメラが並ぶなか、緊張しながらのプレゼンを終え、丹野社長による審査が進みました。

審査の結果、選ばれたのは6班の提案したロゴマークです!
ターゲット設定や目的の明確化など、非常に説得力のあるプレゼンテーションでした。

続いて、日本酒のラベルに選ばれたのは、2班のみなさんです!
鮮やかな配色と、若者への祝福のイメージを見事に表現した、完成度の高いデザインです。

採用されたデザインは、一部ブラッシュアップしてから実際の商品展開、プロジェクトのウェブサイトなどに利用されます。

 

<参加した学生のFacebook投稿より>

11月11日
東稜高校×福島学院大学 連携授業【最終回】
6週間に渡る、高校生との連携授業。
今までの直接会って話し合いをしたり、LINEを使って意見を聞き出したりと納得のいくデザインを高校生たちと話し合ってきました。
実際に出た意見をデザインに起こす、とても大変でした。LINEや対面での話し合いもどう聞き出そう、どういう言葉だったら伝わりやすいかな、などと頭の中で色々な言葉が飛び交ってました。
そして、プレゼン当日。クライアントの前で発表する高校生たちの姿はとてもかっこよかったです!緊張してたと思いますが、しっかりと自分たちの意見を伝えてくれました。
高校生の頑張りに圧倒されながらも、私自身、少しづつ成長もでき、しっかりとサポートができたのではないかと思います。
東陵高校の皆さん、未来農業株式会社の丹野友幸さん、ありがとうございました!
(大野桃香さん)

本日は東稜高校との連携授業最終回でした!
対面の他にも、LINEを使ってデザインやコンセプト等やり取りを行いそれぞれの班が納得のいく形に仕上がってました。
今回、微力ながら形にするお手伝いがてきたことを嬉しく思います!なかなか作業をサポートする側に回ることがないので、少しでもお役に立てるように頑張りました。
実際にクライアントの前で発表する高校生たちの姿は立派でした!テレビ局の方にもお越しいただき、緊張感が漂うなか精一杯、伝えたい思いをクライアントにアピールできていたと思います。歳は4つ程しか変わらないですが、高校生たちのフレッシュな若さに圧倒されつつ、自分ももっと頑張らないとな、と思わされました。
東稜高校の皆さん、協力してくださった未来農業株式会社の丹野友幸さん、ありがとうございました!
(加藤千雅さん)

<クライアント> 未来農業株式会社「初酔プロジェクト」

<参加学生> 情報ビジネス学科2年生
鈴木悠斗くん/大野桃香さん/國分桃香さん/小林萌花さん/新明優実さん/石川奈々さん/岩佐優花さん/高野真由さん/加藤千雅さん

<指導教員> 情報ビジネス学科 木村信綱教授