福島学院大学
    • Twitter
    • YouTube
    • insta
  • お問い合わせ
  • 資料請求
MENU
情報ビジネス学科

[情報ビジネス学科]木村教授がデザイン・監修した「古関裕而メロディボックス」お披露目!

 朝ドラ「エール」のモデル古関裕而氏にちなんだストリート

朝ドラ「エール」のモデルになった福島市出身の作曲家 古関裕而氏の生家があった福島市大町には、「古関裕而ストリート」と名付けられた通りがあります。

福島駅前キャンパスから徒歩すぐの「古関裕而ストリート」には、古関裕而にちなんだモニュメントや写真などが多数掲示されており、全国から「エール」ファンが訪れてる観光スポットになっています。

 

2021年2月27日(土)、「古関裕而ストリート」に新たに設置された「古関裕而メロディボックス」の除幕式が開催されました。

このメロディボックスは、情報ビジネス学科長の木村教授がデザイン・監修しています。
木村教授も除幕式に参加。木幡市長と一緒に完成を祝いました。

なお、「古関裕而ストリート」の看板やロゴマークも、木村教授のデザイン・監修です。

 

福島駅前にお越しのさいは、ぜひ「古関裕而ストリート」へ!!