福島学院大学
  • お問い合わせ
  • 資料請求
情報ビジネス学科

[情報ビジネス学科]ふくしま県産品4商品のパッケージデザインをお披露目しました!

福島学院大学は、福島県食品生産協同組合と連携協定を締結しています。
協定締結をきっかけに、情報ビジネス学科では、組合に加盟する4社の商品パッケージデザインを提案&制作しました。

 

4社のパッケージをお披露目!

2020年9月4日(金)福島駅前キャンパスにて、パッケージデザインのお披露目会を開催。
多くのメディアに取材していただけました。

今回制作したのは、福島県食品生産協同組合の4社の商品パッケージです。

  1. 伊達物産株式会社(伊達市)=「伊達鶏蒸しチキン」の販路シフト
  2. タムラ電子スモークハウス(小野町)=新商品「殻むき燻製たまご」パッケージ
  3. 株式会社東部(会津美里町)=「麓山高原豚軟骨とろとろ煮」パッケージ
  4. 種まきうさぎ株式会社(伊達市)=新商品「フルーツソース」パッケージ

 

デザイン制作は2020年の1月からスタート。
企業から送っていただいた商品の試食や「競合商品の売り場調査」などを繰り返しながら、
デザインコンセプトを固めていきました。

こちらはパッケージに使用する筆文字を書いている様子です。

 

新型コロナウイルスの影響で、半年間延期していた発表会

2020年1月〜3月にかけてパッケージデザイン制作を進め、3月には試食会を含む発表会を予定していました。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、イベントは中止に。

半年を経て、やっと発表することができました!!

 

大学生や高校生が商品パッケージを制作する事例はよく見かけますが、
今回、情報ビジネス学科ではパッケージの製作費・構造などゼロから全て提案させていただきました。

学生たちにとって、かなりリアルなビジネス体験となりました!

 

<クライアント> 福島県食品生産協同組合様(公式Webサイト

<指導教員> 情報ビジネス学科長 木村信綱

<参加学生>
 情報ビジネス学科2年生
 國分桃香/大野桃香/岩佐優花/横田遥香/佐藤未悠/岡田歩/高野真由


MENU