福島学院大学
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • オープンキャンパス参加お申込み

建学の精神・学是・沿革

建学の精神及び使命・目的

 本大学の建学の精神及びその使命と目的は、次のとおり「学則」第1条に定めている。

 本学は教育基本法、学校教育法に則り、学院創立者の信念である「真心こそすべてのすべて」という建学の精神に基づき、Sincerity(真心)と Hospitality (思いやり)を教育の根本におき、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させ、地域社会に積極的かつ実践的に貢献することを目的とする。

また、本大学大学院についても「大学院規則」第2条第1項、第2項に次のように定めている。

  1. 本大学院は、教育基本法、学校教育法に則り、学院創立者の信念である「真心こそすべてのすべて」という建学の精神に基づき、「真心」と「思いやり」を教育の根本におき、広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力及び高度の専門的職業を担うための能力を培うことを目的とする。
  2. 本大学院は、前項の目的に加えて地域社会への貢献及び文化の進展に寄与することをも目的とする。

教育の理念

本大学の教育の理念は「学則」第2条に次のように定めている。

  1. 本学は、感銘と感動を与え知的好奇心を喚起する授業の実施を目指すと共に、自らの人生を創造的に生きようとする学生を受け入れ、支援する。
  2. 本学が求め、そして育成しようとする人間像については別に定める。

本大学が別に定める人間像は次のとおりである。

  1. 真心を持って人に接し、人の立場を考えて行動できるひとを育てます。

     真心は人間社会を築く礎であり、人間関係の基本です。心のこもった対応や接遇を心掛け、相手や他人の立場を理解しようとする謙虚さを失うことなく行動ができる人間を育成します。

  2. 夢とロマンを胸に、自らの人生を創造的に生きようとするひとを育てます。

     夢をもって生きること、ロマンを求めて生きること、その実現に努力すること、それは自らの青春を美しく磨くことです。

  3. 的確な判断ができ、自らの知識と技能を生かして社会に貢献できるひとを育てます。

     的確な判断は、現代社会に必要な知識と教養の獲得と、社会のいろいろな人との多様な人間関係の錬磨の中から生まれてくるものです。自らの知識を深め、自らの技能を高めて、社会に貢献できる人材の育成につとめます。

  4. 国際的な視野に立ち、多様性を理解し、相互理解の心を持つひとを育てます。

     情報は一瞬にして世界を駆け巡ります。世界は日本に、また日本は世界に影響を与えます。国際的な視野に立って考えることのできる人間の育成につとめます。

  5. 感銘と感動を素直に表現できるひとを育てます。

     感銘と感動のある人生ほど素晴らしいものはありません。一つひとつの発見や驚きが、人生に若さと新鮮さを与えてくれます。そうした「ひとを育てる教育」でありたいと思います。

 こうした学生を育成することを教育の理念として掲げ、本学はこれを建学の精神と合わせて学是としている。なお、この学是に沿って12項目の到達目標を掲げ、各々の授業科目でその項目を選択することにより、各学科の授業科目全体の中ですべての項目を包含できるようにするため、授業計画(シラバス)の様式を平成29(2017)年度から変更した。
 また、本大学大学院は1研究科のみであるが、「大学院規則」第7条で教育研究及び人材育成の目的を次のように定めている。

 本大学院心理学研究科は、心理学領域の理論及び応用を教授研究し、高度で専門的な実践能力と研究能力を養い、心の問題の今日的な課題に対応できる心理的支援に習熟した人材を育成する。

沿革

 本学院は昭和16年の創設以来、「真心こそすべてのすべて」という創立者の信念のもと、60年にわたり女子教育を行って参りました。そして平成12年には男女共学化に伴い「福島女子短期大学」から「福島学院短期大学」へ名称を変更。男女共生社会の担い手としてより地域社会に開かれた大学を目指し、実学に根ざした教育を行っております。
 平成15年4月には4年制大学「福島学院大学」を、平成19年4月には大学院を開設。更なる発展を遂げています。

昭和16年 創立者 菅野慶助、菅野八千代により洋裁教育を通じて婦人の教養及び社会的地位向上を目的とし、福島学院大学の前身となる福島高等洋裁学院を開校
昭和41年 短期大学開学、保育科開設
昭和43年 服飾美術科、食物栄養科開設
昭和46年 保育科第二部開設
昭和49年 附属幼稚園開設
昭和60年 秘書科開設
平成元年 生活教養科開設(服飾美術科・学科名変更)
平成12年 福島学院短期大学(男女共学化)、福島学院短期大学附属幼稚園に名称変更
生活デザイン科開設(生活教養科・学科名変更)
情報ビジネスコミュニケーション科開設(秘書科・学科名変更)
平成13年 福祉心理科、専攻科福祉専攻第一部開設
平成14年 情報ビジネス科開設(情報ビジネスコミュニケーション科・学科名変更)
平成15年 福島学院大学開学、福祉学部福祉心理学科開設
福島学院短期大学生活デザイン科、福祉心理科募集停止(大学へ定員振替)
平成16年 福島学院大学短期大学部、福島学院大学附属幼稚園に名称変更
平成18年 福島駅前キャンパス開設
平成19年 大学院臨床心理学研究科臨床心理学専攻(修士課程)開設
平成24年 専攻科臨床栄養専攻開設
専攻科情報ビジネス専攻開設
平成25年 大学院心理学研究科臨床心理学専攻に研究科名変更
大学院心理学研究科こども心理専攻開設
平成27年 福島学院大学福祉学部こども学科開設
福島学院大学附属幼稚園を幼保連携型福島学院大学認定こども園へ移行
平成28年 福島学院大学短期大学部保育科第二部募集停止
平成29年 福島学院大学短期大学部専攻科
福祉専攻第一部、臨床栄養専攻、情報ビジネス専攻廃止
福島学院大学短期大学部
保育科第一部を保育学科、食物栄養科を食物栄養学科、
情報ビジネス科を情報ビジネス学科に学科名変更

昭和16年4月 福島高等洋裁学院開校式

昭和43年3月 短期大学1期生卒業式

設置学校等

理事長 石田 みゆき

福島学院大学

所在地 福島県福島市宮代乳児池1-1
学長 小松 由美
設置学部等 福祉学部 福祉心理学科
福祉学部 こども学科
大学院 心理学研究科
附属施設 心理臨床相談センター
メンタルヘルスセンター
子育て支援センター

福島学院大学短期大学部

所在地 福島県福島市宮代乳児池1-1
学長 小松 由美
設置学部等 短期大学部 保育学科
短期大学部 保育科第二部
短期大学部 食物栄養学科
短期大学部 情報ビジネス学科
短期大学部 専攻科保育専攻第二部

福島学院大学認定こども園

所在地 福島県福島市宮代乳児池1-1
園長 佐藤 敦子
MENU