福島学院大学
    • x
    • YouTube
    • insta
MENU
学長室より

剣道クラブ主催剣道錬成会が開催されました。

剣道クラブ主催剣道錬成会が開催され、第19回世界剣道選手権大会日本女子代表 佐藤みのり選手にご指導いただきました。

本学剣道クラブ主催で、7月4日からミラノ市で開催される第19回世界剣道選手権大会に日本女子代表で出場する福島市出身の佐藤みのり選手(警視庁)をお招きし、剣道錬成会が開催されました。

福島学院大学、福島県立医科大学、橘高校、福島東高校、磐城桜が丘高校、一般女子の剣士たちに、竹刀を打ち込む時の一瞬の身体や気迫の使い方など、実戦力につながる指導をしていただきました。

2021年の第59回全日本女子剣道選手権大会の審判を務めた佐藤みのり選手の母親の佐藤さとみさんが福島学院大学食物栄養学科2年生に在学中で、昨年、福島学院大学剣道クラブを立ち上げ部長をしているという縁で実現したものです。

参加した剣士にとって、世界の剣道界のトップレベルの佐藤みのり選手の一言一言をしっかりと心に刻み込む錬成会となり、福島県の剣道のレベルアップに寄与していただきました。

(剣道錬成会に参加した皆様と集合写真) (佐藤みのり選手と指導を受ける参加者たち)