福島学院大学
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • オープンキャンパス参加お申込み
お知らせ

アカデミア・コンソーシアムふくしま「大学間連携功労者表彰」表彰式が行われました

1月31日(木)、福島大学においてアカデミア・コンソーシアムふくしま(※)「大学間連携功労者表彰」の表彰式が行われました。

2015年より福島市内4大学が大学の枠を超えて連携し、官民学一体となって取り組んできた、福島市主催「福島サンドアートフェスティバル」とNPO法人福島SAND-STPRY主催「砂遊びのイベント」にプレイリーダーとして参加した学生ボランティアの活躍が認められ、4年間で参加した学生ボランティアのべ294名と、ボランティア統括担当の短期大学部保育学科中野明子講師に、アカデミア・コンソーシアムふくしま中井勝己理事長(福島大学学長)より表彰状が授与されました。

ボランティア代表学生たちの爽やかな笑顔に包まれて、和やかで温かな表彰式典となりました。

<中野講師から受賞のコメント>

「砂遊びが失われかけた福島から、砂遊びの楽しさと重要性を発信したい」という祈りと願いをこめて、これらのイベントは始まりました。東日本大震災後の風評が影響し、大きな砂場を前に砂にさわることができない子どもたちの心を動かしたのは、学生ボランティアたちの笑顔と砂遊びを子どもと一緒に心から楽しむ姿でした。

震災後一度も砂遊びを経験したことのない子どもたちも、『遊びたい』と思える砂場がそこにはありました。学生の皆さんの一人ひとりの活躍を、心から誇りに思います。

これからも社会貢献として、そして得難い経験と学びのチャンスでもある、学生のボランティア活動を継続していけるよう、地域と行政と大学間の連携を密にして今後も実践し続けていきたいと願っています。

各大学からの代表学生の氏名と所属学科

福島大学 経済経営学類   4年生 柳沼 直哉さん

福島大学 人間発達文化学類 4年生 須田 夏海さん

福島学院大学 こども学科  4年生 藤田 彩花さん

※ 桜の聖母短期大学は試験期間のため欠席

 

学生ボランティアの皆さんの活躍が認められての受賞です。

一人ひとりに、心からの感謝を込めて、受賞のご報告といたします。

これからも、砂遊びのボランティアに限らず、社会貢献としてさまざまなボランティアへの参加とご協力を、どうぞよろしくお願いいいたします。

平成31年2月4日 立春 保育学科 中野明子

 

(※)アカデミア・コンソーシアムふくしまとは・・・

北海道、岩手県に次いで広い面積を持つ福島県内4つの地域に分散している高等教育機関19校が、それぞれの特徴を有しながら豊かな教育機会を若者たちに提供していくため創設された連携組織のことです。


MENU