福島学院大学
  • お問い合わせ
  • 資料請求
保育学科

[保育学科]「幼児と環境」のビオトープに水を初めて流しました。

5月8日(金)3限  宮代キャンパス

今年度から始まった保育学科の新授業「幼児と環境」では、ビオトープ作りに取り組んでいます。

ビオトープとは…様々な生き物が固有の自然生態系を構築する生物生息空間です。

今日は、制作中のビオトープの川に、初めて本格的に水を流してみました。遠隔授業中なので、学生たちにはスマホによる生中継でお送りしました。地下水の蛇口を開くと、勢いよく流れ出た水は、校舎の横を通り全長40mを流れていきました。
途中のモグラ穴に水が吸い込まれてしまったので、今後対策が必要です。


MENU