ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > キャンパスライフ > 各種制度 > Q&A

Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

皆さんから寄せられた疑問・質問にお答えします。

Q.奨学金制度はありますか?

 日本学生支援機構奨学金や福島県奨学金の他、地方自治体の奨学金など各種奨学金を利用することができます。日本学生支援機構奨学金には、無利子貸与の「第一種」と有利子貸与の「第二種」があります。出願方法には、進学前(高等学校時代)の予約採用と入学後の在学採用があります。予約採用の場合、入学後、5月より貸与がスタートします。在学採用の場合、入学後4月に説明会を実施し、申請手続きを行ったうえ、6~7月に採用の可否が決定し、貸付がスタートします。なお、福祉学部では、学業成績が優秀な学生に対し、前年度までのGPA結果、3年次もしくは4年次への進級時に学費の一部を奨学金として授与する「学長特別奨学金」制度を設けています。

Q.「国の教育ローン」とはどのようなものですか?

 「国の教育ローン」(日本政策金融公庫)は、専修学校、高校、短大、大学、各種学校や外国の高校、大学等に入学・在学するお子さまをお持ちのご家庭を対象とした公的な融資制度です。

【ご融資額】

学生・生徒お1人につき350万円以内

【利率】

年2.35%(平成26年4月9日現在)
※母子家庭の方の利率は年1.95%(平成26年4月9日現在)

【ご返済期間】

15年以内(交通遺児家庭または母子家庭の方については18年以内)

【お使いみち】

入学金、授業料、教科書代、アパート・マンションの敷金・家賃など

【ご返済方法】

毎月元利均等返済(ボーナス時増額返済も可能です。)
ご利用いただける方等詳しくは、「国の教育ローン」コールセンター 0570-008656(ナビダイヤル)または03-5321-8656までお問い合わせください。

<ホームページのご案内>
日本政策金融公庫 国民生活事業「国の教育ローン」
※ホームページからもお申込みいただけます。

Q.働きながら勉強できる制度はありますか?

 地元企業と連携し、働きながら学ぼうとする人たちを支援する「進学就職制度」があります。現在、大学から車で約10分の場所にある「曙ブレーキ福島製造株式会社」と提携。毎年、20名の女子学生がこの制度を利用し、働きながら勉強しています。この制度の利用希望者は、まず、毎年9月半ばに実施される入社試験を受験、合格の後、11月に本学の保育科第二部選考A日程を受験し、合格することで入社と入学が決定します。

Q.「長期履修制度」とはどのような制度ですか?

 学生が職業を有している等の事情により、修業年限を超えて一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修し、卒業することを希望、申請した場合、その計画的な履修を認めるのが「長期履修制度」です。福祉学部は8年、短期大学部は6年を限度とし、長期にわたる教育課程の履修を認めることがあります。

Q.授業の聴講や公開講座はありますか?

 福島駅前キャンパスでは、街なかの利点を生かして、市民、県民の皆様に広く・気軽に学んでいただく機会として「聴講生制度」、「公開講座」、「人材寄付講座」を行っています。

●聴講生制度

 福祉学部福祉心理学科と短期大学部情報ビジネス科の講義科目を中心に、1人3科目までを市民・県民の皆様に聴講料免除で提供しています。

●公開講座

 本学教員が講師となり公開講座(有料)を開講しています。

●人材寄付講座

 地元企業・官公庁からテーマに関するプロフェッショナルな人材を無償で派遣していただいて展開している公開講座(無料)です。

     

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Adobe Readerダウンロード


このページの先頭へ