ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学部・学科 > 短期大学部 > 短期大学部 情報ビジネス科

短期大学部 情報ビジネス科

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月16日更新

情報ビジネス科の写真1

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

ビジネス社会で基礎となるのは、人と人とのコミュニケーションです。その中身を形作る一つが「情報」です。情報ビジネス科は、文章・会話表現力、社会の動きや世界の地理・歴史などの一般常識、音楽・美術への感性を持ち、価値ある「情報」をいち早く発信もしくは獲得し、有効に活用できるビジネス社会の「プロフェッショナル」をめざす意欲的な学生を求めています。情報ビジネス科を希望されるみなさんには、入学前に人間関係構築の基本であり、コミュニケーション能力の基礎となる国語や、現代社会を理解するための基礎となる地理・歴史への幅広い知識を身につけられるよう希望しています。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

次の要件を全て満たす情報ビジネス科の学生について、学長は教授会の議を経て卒業を認定し、「短期大学士」の学位を授与します。

  1. 学則に定める年数以上在学した者
  2. 所定の授業科目について、次の必要単位を修得した者
    教養教育科目/18 単位以上 専門教育科目/50 単位以上
  3. 成績評定平均点(GPA)が70 点以上の者
  4. 情報ビジネス科の教育目的と人材育成の目的に適い、かつ短期大学士の学位を授与するにふさわしい人格識見と健全な精神を有していると情報ビジネス科会議で判定された者
  5. 所定の学費を納入した者

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)

情報ビジネス科は、ビジネス社会が求めるコミュニケーション能力、IT 技術、ビジネスマナー、職業能力、基礎学力を身につけた人材を養成します。教育課程は、教養教育課程と専門教育課程からなり、教養教育課程は、社会人として必要な一般教養、コミュニケーション力、基礎体力を身につける科目で編成します。専門教育課程は、ビジネス実務能力やIT 技術を高め、資格取得も目指せるよう編成されています。また、作る・表現する力を育てるため、社会と関わりながら実践力を養えるよう編成されています。

これらの教育課程を通して、以下の学習成果を実現する教育を実施します。

  1. 情報リテラシーの修得
  2. コミュニケーション能力の習得
  3. ビジネス実務の修得
  4. 豊かな教養と表現力の修得

"情報"と"ビジネス"って何?何で"デザイン"まで学ぶの?

「情報」とは

「情報=パソコン」ではありません!

高校で「情報の授業」というと「パソコンやWord・Excel の授業」ですが、「情報=パソコン」というのは誤りです。情報とは、「伝えたいこと」や「知りたいこと」のこと。

ビジネスの現場においては、企業が「顧客に伝えたいこと」、消費者が「商品やサービスについて知りたいこと」などが「情報」です。どれだけ分かりやすく、効率よく受け渡しするか? が非常に重要です。

「ビジネス」とは

「ビジネス」の目的が見直されている

「ビジネス」とは「経済行為」そのものを意味していますが、その目的は単に「利益を追求すること」だけではありません。利益だけを追求した結果起こった数々の事件(食品偽装、手抜き工事、自動車の欠陥隠しなど)を教訓に、企業は「社会の一員」として地域貢献(フィランソロピーと呼びます)や社会的責任(CSR と呼びます)を果たすことが求められています。

「情報」の受け渡しをするのが「デザイン」の役割

デザインは「美術」ではありません。チラシやポスター、商品のパッケージ、ウェブサイトなどは、ただキレイなだけではダメ。相手にちゃんと情報が伝わって、さらに行動を促すことがデザインの役割です。

社会人にはどんなスキルが必要?

社会が求めているのは"実践する力""チームワーク力""考え抜く力"

私たちが暮らす東北地方は、東日本大震災からの復興という大きなテーマの他にも、少子高齢化や地方経済の衰退など多くの課題を抱えています。生まれ育った地域の将来を真剣に考え、仲間と共にチームワークを発揮しながら着実に実践していく力を持った若者が、強く求められています。

大都市への人材の一極集中から、近年その見直しの議論が進んでいます。大企業の一社員として働くという生き方だけではなく、中小企業の一員として地域社会に貢献したり、家族と一緒にまちづくりや地域の伝統と文化を受け継いでいくという生き方が、改めて注目されています。

情報ビジネス科の写真2

どんな資格がとれるの?

情報ビジネス科では、(一財)全国大学実務教育協会の認定による「ビジネス実務士」と「情報処理士」を取得することができます。その他、「サービス接遇検定」や「秘書技能検定」、「医療事務」など、ビジネスの現場で活かすことのできる資格にチャレンジすることができます。

「ビジネス実務士」「情報処理士」は、(一財)全国大学実務教育協会の認定を受けた大学・短大で所定の単位を修得すると、卒業時に授与される資格です。なお、専門学校では取得することができない資格です。

ビジネス実務士

どんな資格なの?

企業組織の構造やビジネスの成り立ちについて理解し、情報収集と活用、企画の立案、文書作成などの実務能力を身につけるほか、現場の課題を見つけメンバーと協働して解決する力など総合実践力をつけて取得します。新入社員に必要とされる基礎実務能力からプロフェッショナルとなれるスキルまで学びます。

主な活躍の場は?

どんな企業・団体にも必ず事務職を担当する職員が必要ですから、活躍の場は「すべての企業・団体」と言えます。

情報処理士

どんな資格なの?

コンピュータシステムと情報通信技術を理解し、ビジネス現場で必要となるPC の基本操作、インターネット活用、データ管理などを学んで取得します。IT 化が進む現代社会で、「PC やIT に詳しい事務員」として高度なビジネス活動ができるようになります。またプログラマーやシステムエンジニアのようなIT の専門職への就職も視野に入れることができます。

主な活躍の場は?

今やPC はビジネスに必須のツールですから、活躍の場は「すべての企業・団体」と言えます。

その他の資格

過去数年に合格実績のある資格・検定試験を紹介します

  • 秘書技能検定(1級・準1級・2級)
  • サービス接遇検定(1級・準1級・2級)
  • ビジネス文書検定(1級・2級)
  • ITパスポート試験(国家試験)
  • 医療事務系(メディカルクラーク2級、調剤報酬請求事務技能認定、ケアクラーク3級)
  • カラーコーディネーター検定試験3級
  • メディア・ユニバーサルデザイン教育検定3級 など

情報ビジネス科の魅力

1実践できなきゃ意味がない!企業・団体との連携やインターンシップを通して、即戦力となるビジネス実務能力を身につける!

ビジネスマナーやビジネス実務能力は、教室の中の架空の課題だけで養うことが難しいスキルです。情報ビジネス科では、学生のうちから積極的に社会人と関わり、実践を通してスキルを磨きます。

インターンシップは年2 回(春・夏)にそれぞれ10 日間の企業実習の機会を用意しています。もちろん、いきなり社会に送り出すわけではありません。必修科目「インターンシップリテラシー」を通じて、社会人とのコミュニケーションの取り方などを徹底トレーニングしますので、安心して参加することができます。

2地域と密着して、様々な角度から・・・。ふるさとの抱える課題を一緒に解決しよう。

インターンシップの他にも、学外の企業や団体と連携したプロジェクトを随時実施しています。(平成26 年度から土湯温泉とコラボレーションして福島の風評対策提案に取り組み、「若旦那図鑑」を生み出しました。

イベントのお手伝いから、プロジェクトの中心メンバーとして商品開発やお店作りへの参画まで、様々なプロジェクトを通じて、地域社会がどういうスキルを求めているのか、どんな課題を抱えているのか、などを学ぶことができます。

情報ビジネス科の写真3

3徹底した少人数教育。短大なのにゼミナールもあり!

ビジネス現場では一つの部署が5 ~ 10 名程度で構成され、チームワークが基本となります。情報ビジネス科の授業も、少人数教育やグループワークを積極的に取り入れ、協働する力を養っています。

また、短大では珍しい「ゼミナール」を開設。仲間と共に、専門知識を深めながら、密度の濃い充実した2 年間を過ごすことができます。

情報ビジネス科の写真4

平成27年度の主な連携実績

  • 「福島市 人口ビジョン・総合戦略」概略版リーフレット制作(福島市)
  • 福島駅 新幹線コンコース巨大壁面アート制作(JR 福島駅)
  • 伊達市霊山町掛田商店街「伊達マルシェ」(伊達マルシェ実行委員会)
  • 郷土野菜「信夫冬菜」の6次化商品企画(NPO 法人福島Green space)など

年間スケジュール

4月

  • 入学前オリエンテーション
  • 入学式・新入生歓迎会
  • オリエンテーション
  • コンピュータオリエンテーション(1年生)
  • 前期授業開始
  • 情報ビジネス科新入生歓迎会

5月

  • 資格対策講座開始(〜 12 月)
  • 前期中間試験(5月下旬〜6月上旬)
  • 「福島市 人口ビジョン・総合戦略」概略版リーフレット制作(福島市)
  • 福島駅 新幹線コンコース巨大壁面アート制作(JR 福島駅)
  • 伊達市霊山町掛田商店街「伊達マルシェ」(伊達マルシェ実行委員会)
  • 郷土野菜「信夫冬菜」の6次化商品企画(NPO 法人福島Green space)など

6月

  • サービス接遇検定試験
  • 秘書検定試験
  • 坐禅・体力錬成研修(1年生)

7月

  • ご家族学生個別面談会

8月

  • 前期末試験(8月上旬)
  • 夏期休業
  • インターンシップ(〜 9月)
  • 福島わらじまつり、福島七夕まつり、ほおずき市協力

9月

  • 国内研修旅行(2年生)
  • インターンシップ発表会

10 月

  • 後期授業開始
  • 福島稲荷神社秋季例大祭協力
  • のぎく祭(大学祭)
  • ご家族就職説明会

11 月

  • サービス接遇検定試験
  • 秘書検定試験
  • 後期中間試験(11月中旬)
  • OB、OG 就職体験報告会
  • ハローワーク研修(1年生)

12月

  • サービス接遇検定試験(準1級、仙台会場)
  • 冬期休業

1月

  • 冬期休業

2月

  • 後期末試験(2年生:2月上旬、1年生:2月中旬)
  • 創立記念日
  • 秘書検定試験

3月

  • 成績発表(2年生:3月上旬、1年生:3月下旬)
  • 卒業記念お別れパーティー
  • 学位授与式

先輩に聞く!ここにのめりこめ!!

企業とコラボレーション!

情報ビジネス科の写真5

酒井 悠貴さん

情報ビジネス科 福島東稜高等学校出身

この学科では企業と連携する機会に
恵まれており、私も土湯温泉観光協会様と一緒にPR 誌制作を行いました。文字の配置や画像の加工に苦労しましたが、授業での学びを活かし仕上げることができました!!

現場でビジネスマナーを実践!?

情報ビジネス科の写真6

内山 彩さん

情報ビジネス科 福島県立福島明成高等学校出身

情報ビジネス科の強みは社会に出た時にすぐに役立つ授業が多いことですね。社会人として必要なビジネスマナーや接遇を学び、サービス接遇検定にも合格できました。また、学んだことを学外で実践する機会もあり、ビジネススキルが身につくのを感じています。

主な授業科目

ビジネス実務総論/経営概論/ビジネス実務演習I・II/人間関係論/地域創造論/秘書実務演習/広報プランニング/マーケティング論/コンピューター基礎演習I・II/ウェブデザイン/シスアド基礎/情報管理論/医療事務/簿記会計/グラフィックデザイン演習I・II/ウェブデザイン演習I・II/映像制作/コミックイラスト演習/色彩学/美術デザイン論/建築デザイン演習/インターンシップ/ゼミナール など

CHECK!!授業時間外の過ごし方は?

お昼ご飯はお弁当持参と外食が半々くらい。美味しいランチのお店を探して歩けるのも、中心市街地のキャンパスならではの楽しみのひとつです。課題を提出した打ち上げに、仲間とカラオケやボウリングに立ち寄ることもあります。

1年生のうちから徐々に学外との連携事業に携わる機会があるので、放課後や空き時間にはメンバーで集まってミーティングをしたり、制作をしたりしていることが多いです。毎週金曜日の午後に宮代キャンパスでの授業があるので、授業後にそのままクラブ活動に参加することもできます。

この授業にのめりこめ!!

コンピュータ応用演習

情報ビジネス科の写真7

情報の力を引き出し、コンピュータを自在に扱おう!

情報ビジネス科では、"情報"のもつ力を深く理解し、その力を充分に活用するため、コンピュータを自在に扱える実践力を身につけることを大きな柱にしています。特にこの授業では大量のデータを正確に処理し、素早く結果を出すとともにそれを分析し分かりやすい形にグラフ表示する表計算ソフト(Excel)を使いこなすスキルを学びます。パソコン検定試験やMicrosoft Office Specialist、IT パスポートなどの資格の合格につながる成果を出しています。

グラフィックデザイン演習I・II

情報ビジネス科の写真8

コンピュータを駆使し、クリエイティブなデザインを表現

グラフィックデザイナー、ウェブデザイナーを目指す上で必要な技術と知識の基本を身につけることを目標としています。紙の印刷物制作を対象とするこの授業では、インターネット上のウェブ画面の制作を対象とする「ウェブデザイン演習I・II」と合わせ、コンピュータを利用したデザイン制作のスキル、デザイン依頼者の満足を引き出すビジネスの進め方を学びます。授業は、デザイン分野で必須のMac コンピュータとデザイン向けアプリケーションを備えた専用の教室で実施しています。

例えばこんな時間割

1年次後期の時間割(デザイナーを目指すA 君の場合)

 
1ウェブデザイン演習国語表現

グラフィックデザイン
演習I

ビジネス実務総論

簿記会計II

2色彩学会話コミュニケー
ション
クラスセミナー 
3コンピュータ基礎
演習II
中国語会話英会話プレゼンテーション
演習
 
4ビジネス実務演習I本学の教育国際理解論情報科学
5シスアド基礎地域創造論 ウェブデザイン

体育実技
(バレーボール)

1 年次後期の時間割(医療事務を目指すB さんの場合)

 
1ウェブデザイン演習国語表現医療事務ビジネス実務総論 
2色彩学会話コミュニケー
ション
クラスセミナー簿記会計I
3コンピュータ基礎
演習II
中国語会話英会話  
4ビジネス実務演習I本学の教育 情報科学
5 地域創造論  

卒業生のお仕事拝見!

大学での多くの出会いと経験が、今でも自分の糧になっています。

 地元の企業に就職を考えていたので、大学も地元の方が就職に有利だと考え、デザインにも興味があったことから情報ビジネス科に入学しました。現在の職場はインターンシップでお世話になり、職場の雰囲気に惹かれ入庫を決めました。現在は窓口業務を担当しています。常にお客さまと接し、電話応対も多いことから、敬語の使い方を学ぶビジネスマナーの授業がとても役に立ちました。大学の授業での学びや経験は決して無駄にはなりません。社会に出てからもきっと何かにつながっていくはずですし、必ず自分のためになると思います。

阿部 優瑚さん

福島信用金庫(保原町)
銀行員 阿部 優瑚さん
情報ビジネス科 平成24年度卒業 福島県立福島南高等学校出身

Q1 大学で学んだ一番のことは?

会社経営をされている講師の先生もいるので、いろいろな話を聞くことができ勉強になりました。

Q1 資格取得に向けて努力したことは?

時間配分を決めてスケジュールをしっかりと組み、計画的に勉強することを心がけました。

Q1 この仕事を選んだきっかけは?

高校で簿記を学んだことで、経理や金融の仕事に興味を持つようになりました。

阿部 優瑚さん

就職・進学

キャリアイメージ

 どんな職場でも発揮できるビジネスマナーと実務能力を養成しますので、本学の他の学科と比べて、最も広い業種・職種での活躍が期待できます。例えば「一般企業の事務職」と言っても金融機関から製造業まで多種多様なので、自分の興味関心に沿って業界研究を進めます。また、医療事務の資格を取得して医療現場で活躍する、IT 系の資格を取得してSE やプログラマーとして活躍する、デザインスキルを高めてクリエイティブな業界で活躍するなど、専門スキルを活かしたキャリアも実現可能です。

主な進路・就職先

【金融業】

(株)三井住友銀行、(株)七十七銀行、(株)福島銀行、郡山信用金庫、二本松信用金庫、福島信用金庫

【医療・福祉】

(一財)会津中央病院、(一財)太田綜合病院、(一財)総合南東北病院、(独)二本松病院、(社福)済生会川俣病院、(医)枡記念病院、(一財)桜ヶ丘病院、きらり健康(生協)、(公財)福島県保健衛生協会、(医)生愛会

【卸売・小売】

東日本三菱自動車販売(株)、福島トヨタ自動車(株)、(株)ヨドバシカメラ、(株)ユニクロ、(株)ワールドストアパートナーズ、(株)ヨークベニマル、東北コピー販売(株)、福島リコピー販売(株)、(株)ツルハドラッグ、(株)セルラー電話サービス福島

【建設・製造】

佐藤工業(株)、積和建設東北(株)、(株)NOK、東北ニプロ製薬(株)、文化設備工業(株)

【IT・情報通信】

(株)スペースワン、(株)綜合システムプロダクツ、(株)テレビユー福島、(株)MTS&プランニング、(株)福島テレビエンタープライズ

【印刷業】

(株)日進堂印刷所、(株)山川印刷所、キング印刷(株)、タカラ印刷(株)

【複合サービス・その他】

郡山市農業(協組)、(税)寺田協同会計事務所、福島交通(株)

職業別就職先

職業別就職先の図

     

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Adobe Readerダウンロード


このページの先頭へ