ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学部・学科 > 大学院 > 大学院 心理学研究科 臨床心理学専攻 [修士課程]

大学院 心理学研究科 臨床心理学専攻 [修士課程]

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月12日更新

入学者受け入れ方針(アドミッションポリシー)

 大学院心理学研究科は、心理学領域の理論および応用を教授研究し、高度で専門的な実践能力と研究能力を養い、心の問題の今日的な課題に対応できる心理的支援に習熟した人材を育成すると共に、臨床心理専攻においては、病院・学校・企業・施設などの現場において、心理相談、心のケアのできる高度な人材の育成を目指すことを目的としています。

 そうした専門職として、積極的に学ぼうとする方を歓迎します。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラムポリシー)

 児童から高齢者まで、心の援助を必要とする様々な現場において、心の相談、心のケアのできる高度な人材を育成するため、必修科目および選択科目(4群)を開設します。臨床心理学の研究視点を持ち、実践による知見を研究成果としてまとめられるよう、学位論文の作成等に対する指導および、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会による臨床心理士の受験資格取得を含めた科目で教育課程を編成します。

学位授与方針(ディプロマポリシー)

 必修科目24単位、選択科目10単位以上、計34単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえ、修士論文の審査および試験に合格した方に修士(臨床心理学)の学位を授与します。

 ただし、心理系学部・学科を卒業していない者は、上記単位の他に「臨床心理基礎演習」(2単位)を必修科目に加えて、計36単位以上修得としています。

臨床心理学専攻の特徴

1. 臨床心理学の今日的課題に対応できる人材の育成

 今日では発達障害児の発達・適応支援や成人の社会復帰支援、教育現場での成長・就学支援など、1対1の心理療法だけでは解決しにくい心理的問題が増加し、対応が求められています。そこで、基本的な心理療法の力だけでなく、臨床心理学の今日的問題への支援方法についても学び、実践力を高めます。

2. 現職者にも開かれた大学院

 大学卒業後すぐに進学する方はもちろんのこと、社会に出て仕事をしながら学ぶ方も学びやすいよう、開講時間や修業年数、選考方法において便宜を図っています。

夜間開講

 授業科目の開講時間および期間は、平日の夜間と土曜日、長期休業中(集中講義)です。ただし、実習は平日の昼間や土曜日に入ることがあります。詳しくは説明会、もしくは入学後のオリエンテーションで説明いたします。

計画履修制度

 学生が職業を有している等の理由により、修業年限を超えて3年間にわたり計画的に教育課程を履修し、修了することを希望する場合、所定の手続きを経てその履修計画を認める制度です。

社会人選考

 大学卒業後3年以上、短期大学卒業後4年以上(3年制の短期大学もしくは2年制の短期大学を卒業後1年制の専攻科修了者は3年以上)の就業経験を有する場合、英語の試験を小論文で代替することができます。

 また、現職教員・保育士等は臨床心理学の試験を教育研究業績で代替することができます。詳しくは募集要項をご覧ください。

社会人推薦選考

 企業、団体、官公庁、公益法人、自治体、大学・学校、NPOなどからの派遣・推薦者で、修了後学んだ知識・技術を職場での相談活動やコンサルテーション、人事・労務管理等に活かす予定のある方は、AO方式で選考します。

3. 臨床心理士受験資格が取得できます

 本研究科は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定校です。協会の定める単位を修得し、修士論文のテーマと内容が臨床心理学に関する研究であり、修士の学位を授与された修了生に対し、臨床心理士受験資格が付与されます。

学位・修業年限・募集人員

専攻名学位修業年限選考方法受験資格募集人員
臨床心理学専攻修士(臨床心理学)標準2年(※)一般選考社会人推薦選考募集要項に記載7名
社会人選考内部進学選考

(※)3年間での計画的履修も可能です。

学修場所

臨床心理学専攻は福島駅前キャンパスで学修します。

授業の概要

 必修科目13科目、選択科目17科目が開設されています。
 修了には、必修科目13科目24単位と選択科目10単位以上(A〜E群の各群より2単位以上)、計34単位以上を修得することが必要です。なお、大学の心理学系学部・学科を卒業していない方は、「臨床心理基礎演習(2単位)」が指定必修となります。
 下記(*)の科目はこども心理学専攻との共通開講科目となります。そのうち(●)は双方向テレビ講義システムをつかって宮代キャンパスで履修できます。(※)の科目は指定者必修科目で心理系の学部・学科卒業者以外は必修。

授業科目卒業単位授業の概要
臨床心理学特論I必修2心理臨床家たちが事例にどのように迫り研究してきたかを学ぶ。また、価値ある新研究を産み出すための仮説や理論の構成の仕方を学ぶ。
臨床心理学特論II必修2心理臨床学の歴史と現状を概観した後、青年の心理・社会的な適応上の問題や発達危機を取り上げて論述する他、紹介文献に基づく発表等を検討し理解を深める。
臨床心理面接特論I必修2心理臨床家という職業を志すにあたっての基本的態度についてその勘所をつかむ。特に、本科目では、子どもとの関わり(プレイセラピー)を題材として理解を深める。
臨床心理面接特論II必修2「変化」「動機づけ」をキーワードに面接場面での基本を理解し、またワークを行うことで、臨床の場で生じる回避に関して理解を深める。
心理学研究法特論(*)(●)選択2自ら心理学的研究を計画し、推進するための方法を学ぶ。特に、調査法を用いた論文の読解と、調査系研究における具体的な方法論を身につけることを主眼とする。
臨床心理学研究法特論選択2決定因、測定、繰り返しと1回性、共通性、全体性、普遍性、歴史性など、科学論での根本問題についての問題意識を醸成する。
心理統計法特論選択2心理統計学の基本的知識について概説するとともに、実際の学術論文にみられる統計的手続きやデータ解析、結果の解釈の妥当性や問題点等に関して議論する。
発達心理学特論選択2人間の生から死までの生涯にわたる発達を概説する。特に、青年期以降の発達的変化に焦点をあてた発達論を講ずる。
教育心理学特論(*)(●)選択2教育実践場面での諸問題が教育心理学の知見とどう結びつくのかを中心に検討する。
家族心理学特論(*)選択2本講義では、現代家族の様相と、「システムとしての家族」を理解し、臨床心理学的観点から論じていく。また、家族合同面接における実践的な演習も取り入れていく。
犯罪心理学特論選択2臨床心理学にとっても有効である非行臨床の内容を、処遇システムや事例を中心として話す。発達障害なども非行と関連する範囲内で述べていく。
発達障害児心理学特論(*)選択2知的障害、自閉症、注意欠陥多動性障害、学習障害等の発達障害について、その概念、診断、原因、援助原理について学ぶ。
発達障害児心理学演習(*)選択2発達障害児およびその保護者に対する援助方法・技法について学ぶ。特に行動療法の技法とその適用については体系的・重点的に学習する。
精神医学特論(*)選択2各種の精神障害、特に発達障害、うつ病などの臨床症状、病態と原因、医学的治療法、心理療法、リハビリテーションなどについて基礎的、臨床的知識を深める。
精神薬理学特論選択2この授業は神経細胞の働き方、特にシナプス伝達の様子を説き明かした上で、そこに作用する薬の種類や働き方を説明する。
グループ・アプローチ特論選択2この授業ではグループ・アプローチの教科書的な紹介だけでなく、同じような手段が悪用されるカルトや、判断の難しい自己啓発セミナーについても考える。
心理療法特論選択2心理療法の一つである「箱庭療法」について、基本を学び、作品制作を通して「箱庭療法」の理論と、その活用の仕方・可能性・限界・留意点などについて、身につけていく。
臨床心理地域援助特論選択2臨床心理地域援助の理念と歴史を概括して、教育現場で進められているスクール・カウンセラー活用事業の流れや地域支援の活動の方法と実践について紹介する。
学校臨床心理学特論選択2学校という複雑な状況の中で、様々な状況あるいは問題に関して臨床心理学がどのような貢献をすることが出来るかを検討する。
臨床心理査定演習I必修2臨床心理査定(中でも知能検査を中心に)について、今後の実習で実践できるよう考え方の理解、施行技法、解釈について演習形式で授業を展開する。
臨床心理査定演習II必修2投影法人格検査(主にロールシャッハ法およびバウム・テストによる)について、その理論および実施法、分析法、解釈法を学ぶ。
臨床心理基礎実習I必修1臨床心理面接の力を涵養するために、クライエント中心療法に則って、話の聴き方の基本を学ぶ。
臨床心理基礎実習II必修1心理臨床相談センターにおいて、新規クライエントに対して教員が行う受理面接の陪席・観察実習を行う。必要があれば知能検査等の心理検査を施行する。
臨床心理実習必修2「学内附属施設心理臨床相談センターでの実習」、「学外実習施設(精神科クリニック)での実習」、「ケース・カンファレンス」によって実践的な方法を身につける。
発達障害児援助実習必修2アスペルガー障害、高機能自閉症、ADHD等の発達障害を抱える子ども、発達が気になる子どもを対象として、心理臨床相談センターにおいて発達援助実習を行う。
臨床心理基礎演習選択(※)2臨床心理学専攻の大学院生として、臨床心理学の研究及び臨床心理士のトレーニングに必要な心理学の知識を獲得する。
臨床心理課題研究I必修2学生それぞれの関心領域に関する学会誌等の学術論文を精読していく過程で研究法に関して明確にし、研究のプロセスに関する理解を深めていく。
臨床心理課題研究II必修2臨床心理課題研究Iで作成された研究計画を検討修正しながら、予備研究に着手していく。同時に専攻研究のレビューを進める。
臨床心理課題研究III必修2臨床心理課題研究IIを受けて、研究調査あるいは資料収集(スーパーヴィジョンを含む)等を継続する。可能であれば、論文執筆に入り、追加的な検索を継続する。
臨床心理課題研究IV必修2考察を加えて論文を執筆し完成させるまで、論文作成上の留意事項の確認と指導(スーパーヴィジョンを含む)を行う。

臨床心理士受験資格

 本専攻は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会によって第1種指定校としての認定を受けています。修了により臨床心理士受験資格が取得でき、修了後直近に実施される試験を受験することができます。

臨床心理士受験資格を取得希望の方は、以下の点に注意してください。
(1)日本臨床心理士資格認定協会では、大学院間の単位互換を認めていません。臨床心理士受験資格の取得を希望する場合には、本専攻にて修了に必要な全ての単位数を取得してください。
(2)修士論文が臨床心理学的研究であることが求められます。テーマおよびその内容について、指導教員の指導を受けてください。

 なお、臨床心理士資格試験の受験を希望する場合には、所定の手続きを経て臨床心理士受験資格証明書が交付されます(下記、臨床心理士受験資格証明書付与にかかる必要科目および単位数、参照)。授業風景、箱庭療法のモデル

臨床心理士受験資格証明書付与にかかる必要科目及び単位数

必修科目授業科目名単位
臨床心理学特論I・II
臨床心理面接特論I・II
臨床心理査定演習I・II
臨床心理基礎実習I・II
臨床心理実習
4単位
4単位
4単位
2単位
2単位
小計16単位
選択必修科目A群科目名単位
心理学研究法特論
心理統計法特論
臨床心理学研究法特論
2単位以上
B群発達心理学特論
教育心理学特論
2単位以上
C群家族心理学特論
犯罪心理学特論
2単位以上
D群精神医学特論
精神薬理学特論
発達障害児心理学特論
発達障害児心理学演習
2単位以上
E群心理療法特論
発達障害児援助実習
学校臨床心理学特論
グループ・アプローチ特論
臨床心理地域援助特論
2単位以上
小計10単位以上
必修・選択必修合計26単位以上

心理学研究科 臨床心理学専攻 教員紹介

星野 仁彦(兼担教授、医学博士)
こども心理専攻(臨床心理学専攻兼担)

担当科目精神医学特論
学歴福島県立医科大学医学部卒業
資格心療内科医師、医学博士、精神保健指定医
専門心療内科、精神科、児童青年精神医学、AD/HD、LD、高機能自閉症、
アスペルガー症候群の医療・心理・教育・福祉のリエゾンアプローチ
主著「気づいて!こどもの心SOS」(ヴォイス、単著)、
「機能不全家族」(アートヴィレッジ、単著)、
「発達障害に気づかない大人たち」(祥伝社、単著)ほか。

福島県立医科大学助教授を経て、福島学院大学福祉学部教授・大学院教授、副学長(大学研究推進担当)、
不登校等親の会アドバイザー、福島県教育委員会学校精神科医、内閣府ひきこもり青年研究委員

板垣 健太郎(兼担教授、教育学修士)
こども心理専攻(臨床心理学専攻兼担)

担当科目発達障害児心理学特論、発達障害児心理学演習、発達障害児援助実習
学歴筑波大学大学院心身障害学研究科博士課程単位取得満期退学
資格中・養護学校教諭一級普通免許状
専門心身障害学、障害児臨床、被虐待児臨床、自閉症児への心理援助に関する研究
主著「保育者を目指すあなたへ」(サンウェイ出版、共編)、
「自閉症児の個別セラピーとセラピスト養成」
(福島学院大学附属心理臨床相談センター紀要9、単著)ほか。

北九州市立総合療育センター臨床心理係、社会福祉法人富岳会富岳学園施設長、
福島女子短期大学助教授を経て、福島学院大学福祉学部教授・大学院教授

内藤 哲雄(教授、博士[人間科学])
臨床心理学専攻(こども心理専攻兼担)

担当科目臨床心理学特論I、臨床心理学研究法特論、教育心理学特論、
心理学研究法特論、臨床心理課題研究I〜IV
学歴早稲田大学大学院文学研究科博士課程心理学専攻研究指導終了により退学
資格臨床心理士、応用心理士
専門臨床心理学、コミュニティ心理学
主著「人と人とのかかわりとしての教育心理学」(福村出版、共著)、
「言語データの解析法の具体例について」
(教育心理学年報39、共編著)ほか。

信州大学人文学部教授、同大学留学生センター長(併任)を経て
福島学院大学福祉学部教授・大学院教授

杉山 雅彦(教授、教育学博士)
臨床心理学専攻(こども心理専攻兼担)

担当科目臨床心理面接特論II、学校臨床心理学特論、臨床心理基礎実習I・II、臨床心理課題研究I〜IV
学歴筑波大学大学院心身障害学研究科博士課程修了
資格臨床心理士、専門行動療法士
専門臨床心理学(認知行動論的アプローチの適用)
主著新版 これから始める臨床心理学(昭和堂、共著)、
食行動異常度と食事や体型・体重に対する潜在的な態度との関連
−IATを用いた実験心理学的アプローチ(日本行動療法学会、共著)、
学校場面への認知行動療法の適用−主として学校の不良行為への分析と介入−
(日本心身医学会、単著)ほか。

東京都足立区教育センター教育相談員、名古屋市立保育短期大学助教授、
筑波大学大学院助教授、広島国際大学人間環境学部教授・大学院教授・
心理臨床センター長・大学情報センター長を経て、
福島学院大学福祉学部教授・大学院教授

佐藤 佑貴(講師、修士[教育学])
臨床心理学専攻

担当科目臨床心理査定演習I・II、臨床心理実習、発達障害児援助実習、臨床心理基礎演習、臨床心理課題研究I〜IV
学歴群馬大学大学院教育学研究科学校教育専攻修士課程修了
資格小学校教員専修免許状、臨床心理士
専門発達臨床心理学
主著「発達障害があるのではと思われる子−子どもの状態像を障害とみるか、個性ととらえるか」(金子書房、単著)、
「アスペルガー症候群をターゲットとしたペアレントトレーニングについての研究−効果と保護者の心理−」
(福島学院大学大学院附属心理臨床相談センター紀要、単著)

福島県立医科大学医学部附属病院神経精神科臨床心理士、本学メンタルヘルスセンター特別職員(臨床心理士)を経て、
福島学院大学福祉学部講師・大学院講師

木村 泰博(助教、修士[人間科学])
臨床心理学専攻

担当科目臨床心理学実習
学歴早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程修了
資格臨床心理士、認定心理士
専門臨床心理学
主著教育現場での学校不適応に対する心理臨床的予防を目指した介入研究の展望
(早稲田大学臨床心理学研究、共著)、出来事に対する反すうが児童の抑うつに及ぼす影響
(早稲田大学臨床心理学研究、共著)、集団社会的スキル訓練の抑うつ低減効果:
ターゲットスキルの設定に焦点をあてて(教育実践学論集、共著)ほか。

日本赤十字社武蔵野赤十字病院心療内科精神科心理判定員、
独立行政法人国立国際医療研究センター国府台病院精神科心理療法士、
埼玉県草加保健所子どもの心の健康相談担当臨床心理士、
茨城県厚生農業協同組合連合会茨城西南医療センター病院臨床心理士を経て、
福島学院大学福祉学部助教・大学院助教

非常勤講師

渡辺 俊彦(非常勤講師、教育学修士)

担当科目発達心理学特論
学歴東北大学大学院教育学研究科教育心理学専攻修士課程修了
専門教育心理学、学校臨床

福島女子短期大学保育科教授、本学教授を経て、本学名誉教授

渡部 純夫(非常勤講師、修士[カウンセリング])

担当科目心理療法特論
学歴筑波大学大学院教育学研究科カウンセリング専攻修士課程修了
資格臨床心理士 
専門臨床心理学、福祉心理学

東北福祉大学総合福祉学部福祉心理学科教授

和田 裕一(非常勤講師、博士[情報科学])

担当科目心理統計法特論
学歴東北大学大学院情報科学研究科博士課程修了
専門認知心理学

東北大学大学院情報科学研究科准教授

水田 惠三(非常勤講師、文学修士)

担当科目犯罪心理学特論
学歴 東北大学大学院文学研究科博士課程前期修了
資格文学修士
専門社会心理学

尚絅学院大学総合人間科学部教授

若島 孔文(非常勤講師、教育学博士)

担当科目家族心理学特論
学歴東北大学大学院教育学研究科博士課程修了
資格臨床心理士、家族心理士
専門家族心理学

東北大学大学院教育学研究科准教授

2年修了の場合の履修モデル

〈平成27年度の時間割です〉

1年次の履修モデル

2年次の履修モデル

3年計画履修修了の場合の履修モデル

〈平成27年度の時間割です〉

1年次の履修モデル

2年次の履修モデル

3年次の履修モデル

     

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Adobe Readerダウンロード


このページの先頭へ