福島学院大学
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • オープンキャンパス参加お申込み

快適な学習環境を整備しています。

学生の皆さんが1日の大半をすごす教室やキャンパス設備は、
勉強や学生生活に集中できるように常に快適な環境を整備しています。
教室の机・椅子はもちろん、廊下やトイレの細部まで清潔に保たれています。

宮代キャンパスは、緑あふれるガーデンキャンパス。
春には桜が、初夏にはリンゴの花が満開になるほか、四季折々の植栽を整備しています。
秋には認定こども園の園児たちが、校内のリンゴ園でリンゴ狩りを楽しむ姿も。
また、冬には(ほんの少しですが)雪も積もります。
夕方になると積雪のキャンパスがライトアップされ、幻想的な空間となります。

福島駅前キャンパスは、中心市街地にあるシティ型キャンパス。
地下1階から6階まで「まるでホテルのよう」と言われる、落ち着きのある空間です。
一歩キャンパスを出れば、オフィスや商店が立ち並ぶ福島市の中心街。
交通アクセスの良さはもちろん、「わらじ祭り」などの地域のイベントも盛りだくさんです。

大学での生活をイメージしてください。

高校までと違って、大学の授業は1コマが90分です。
授業開始時間は、宮代キャンパスが8:50、福島駅前キャンパスが9:40。
キャンパスごとに時間割のスケジュールが違うので、詳しくはキャンパス案内をご覧ください。

授業は通常、「半期科目」が15コマ、「通年科目」は30コマ実施します。
前期は4月〜9月、後期は10月〜3月まで。
学科ごとに授業や実習、研修旅行などのスケジュールが組まれています。

入学式や卒業式のほか、10月には「のぎく祭」(毎年一般公開)が開催されるほか、
学科ごとに新入生歓迎会やスポーツ大会などの催しも実施されています。

どこに住んで、どう通学するか。

暮らしと通学方法は、キャンパスライフを左右する大切な要素です。
福島学院大学の2つのキャンパスは、どちらも交通アクセスに優れていますから、
自宅から通学可能なエリアが広いのも特徴です。

キャンパス周辺には学生向けの賃貸アパートがありますので、一人暮らしも可能です。
一人での生活に不安な学生に向けたサポートも提供しているほか、
本学が運営する学生専用アパート「メゾンFC」もご利用いただけます。

授業以外にも、学生らしさがいっぱい。

大学生活を彩るのは授業だけではありません。
クラブ活動や学友会、ボランティアなどを通じて、仲間と共に様々な経験を積むことができます。

運動系、文化系のクラブが各々の企画に沿って活動しています。
また、規程に沿って新しいクラブを立ち上げることもできます。

学生組織として、学友会を設置しています。 大学全体や学科ごとに学友会を組織して、イベントやボランティア活動に参加しています。
中でもメインイベントの「のぎく祭」は、宮代キャンパスを会場に毎年10月に開催。
近隣の市民の皆さんや、卒業生などが訪れ、大いに賑わいます。

このほか、各種ボランティア活動にも、学生の皆さんが積極的に参加しています。
教室では触れることができない、現場の生の声に触れ、さらなる学びへの意欲が湧く体験となります。

MENU