福島学院大学
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • オープンキャンパス参加お申込み
重要なお知らせ

福島学院大学は、国家資格「公認心理師」受験資格に対応します。

2015年9月、国会において心理的支援のための国家資格として「公認心理師法」が成立し、2017年9月15日に法施行されました。本学福祉学部福祉心理学科および大学院心理学研究科臨床心理学専攻(修士課程)では、公認心理師の受験資格が取得できるよう以下の通り対応いたします。

  • 公認心理師とは
  1. 目的
    近年、経済・産業構造が変化する中で、仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスを感じている労働者の割合が増加しています。また、高齢化が進む中、認知症や緩和ケアをはじめ医療機関には心理の力が求められています。このような状況を鑑み、心理学に関する専門的知識および技術をもって、適正に業務を行い、国民の心の健康の保持増進に寄与することを目的として、心理専門職が国家資格化され「公認心理師」が誕生しました。
  2. 受験資格
    公認心理師の受験資格を得るためには、基本的に大学において必要な科目を修め卒業し、かつ大学院において必要な科目を修めてその課程を修了または指定された施設で2年以上の実務経験を積む必要があります。

 

  • 本学の対応
  1. 2018年度新入生から「公認心理師」の受験資格が得られるよう、福祉学部福祉心理学科および大学院心理学研究科臨床心理学専攻の教育課程を改正(公認心理師受験資格を得るために必要な科目を配置)します。
  2. 大学院心理学研究科臨床心理学専攻については「公認心理師」の養成に加え、これまでどおり「臨床心理士」の養成も行います。

 

  • 国家資格「公認心理師」の受験資格(特例措置)への対応について
  1. 「公認心理師法」の施行日(2017年9月15日)以前に、心理系の学部を卒業、大学院を修了、もしくは在学している方については、在学時の学部、もしくは研究科において、公認心理士となるために必要な科目を修めていれば、特例措置として、公認心理師の受験資格が付与されます。

 

  • 編入学、その他については詳しくは入試広報課(024−553−3253)までお問い合わせください。

MENU