福島学院大学
    • Twitter
    • YouTube
    • insta
MENU
お知らせ

学生が手掛けた美術作品の展示が始まりました!

2023年4月1日から、宮代キャンパス本館1階学生ラウンジにて、福祉学部こども学科、短期大学部保育学科の学生が制作した作品を展示するアート作品展「あそびの国へ、ようこそ!! 遊ぶ、飾る、いろんな教材大集合!!」が同28日まで開催されています。

【学生の制作作品が並ぶ展示会場】

展示作品は「子どもと造形表現」「幼児と表現(造形)」など、美術系の授業で学生が制作したもので、学生の学修成果発表の場の一つとして作品を展示しています。会場には、樹脂粘土を使用した動物や人物のオブジェ、鬼のお面、鍋つかみを使った子ども向け教材などが並び、色鮮やかな作品が会場を彩っています。

【展示会のオープニングセレモニー】

展示が始まった4月1日、オープニングセレモニーが行われ、桜田葉子理事長・学長が「学生の学びをさらに深いものにし、教育の質の向上につなげたい」と挨拶を述べました。引き続き、こども学科長の島田貴広教授、授業を担当したこども学科の古畑雅規教授、保育学科の佐藤昌彦教授が展示会の趣旨や作品等について説明しました。

ぜひ、宮代キャンパスに足をお運びいただき、学生の感性あふれる作品をお楽しみください!